訪問しないと分からない事

2017/06/23
ロゴ

補聴器フィッティングを行う時、一般的には店内で行いますが、お客様によっては、特別な環境で使用していたり、誤った使い方をされている時もあり、店内だけの確認では十分でない時もありました。

その方は夏場に補聴器を使い始めましたが、うるさくてテレビも聞こえなくて使用していられないと仰ります。店内では特にうるさくもなく、テレビの音も良く聞こえるのでご使用中の環境に何か原因があるのではと考えました。訪問するとご自宅は山間部で交通量もそんなに多くなさそうな場所ですが、テレビを見ている部屋は道沿いの部屋で、夏場はエアコンがお嫌いなので窓を開けっぱなしにしているそうです。調べたところ奥の場所で大規模な工事をしているらしく大きなトラックが頻繁に通行するようになってしまったようです。この状態では普通の人でもうるさくて我慢できない状態なので、幸い広い家なので奥の部屋でテレビを見て頂くように提案しました。後日工事も終わり、トラックも頻繁に通行しないので雑音をあまり気にすることもなく使用出来ていました。

もう一人の方は、テレビを見る時にBluetoothの電波を利用した補助装置を使用していましたが電波が不安定ですぐに音が途切れたりしてしまうと仰います。店でテストしてもそういった状態にはならず、メーカーの点検でも異常なしという結果でしたので設置場所や使用方法の問題があると考え訪問して点検しました。拝見したところ配線がタコ足配線になっていて、しかも冷蔵庫のモーターの部分にコードが接触していたため、ノイズを拾って補助装置が不安定になってしまったようです。配線を直して、配置も変更したところ音が途切れることも無くなったと喜んで頂きました。

他には自宅では聞こえるけれど、外出すると聞こえないと訴えることもありました。その方はご高齢でリモコンを使用していますが、外出する時にすぐに音量を下げてしまいそのままの状態の為会話が聞こえないとわかりました。

大勢のお客様に接してきた私ですが、ご高齢の為か思わぬ使い方をしている方もいらっしゃったので、使用する環境での確認も大切な事だと考えます。

 

☆補聴器の相談、体験がご自宅で可能です☆

【補聴器専門店 イヤサポート静岡葵】
営業時間 9:00~17:30
完全予約制になります。