補聴器に中古品が存在しない訳

2017/07/24
ロゴ

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
補聴器は現在安価な機種から非常に高価な機種まで販売されています。
かなり高額な物まで存在していますので、中古市場が形成されてもおかしくないと思う人も
いらっしゃると思いますが,、日本では中古品を販売してはいけない理由があります。

 

補聴器は管理医療機器です。

 

日本の「医療品、医療機器等の品質、有効性及び安産性の確保等に関する法律」により補聴器
は管理医療機器(クラスⅡ)に指定されています。
副作用などの影響で生命や健康に影響を与える恐れがありますので、
製造、販売、修理に許認可が必要になります。
その為に、個人がオークション等で中古品を販売する事は禁止されています。

 

他人の補聴器は適合しません。

 

ほとんどの補聴器は使用する人に合わせて、音の調整や形状などが作成されています。
その為に他人の補聴器を使用しても聞こえにくい、音が大きすぎる、形状が合わないなどの不具合
により耳を傷つけることもあります。また強すぎる音の設定により聴神経を傷めてしまう事もあります。
皆様も友人知人の補聴器を借りて試す事は避けて下さい。
聴神経を傷めた場合、治療する事は困難と言われています。

 

補聴器の耐用年数

 

補聴器の耐用年数は約5年です。もちろんそれ以上に使用している方もいらっしゃいますが、私の経験上
5年間修理を全く行わない方は少ないです。補聴器は体に密着して汗や耳垢、毎日の着脱などの
精密機器としては過酷な状況で使用されています。その為、長期間使用していると
音が不安定な状態や、割れたような音になったりと初期の性能を保てない場合が多くなります。
昔の補聴器は音が出ているかもしれませんが、正常に動作しているかは別ですので、
長期間使用している方はメーカーによる診断と、現在の状態に合わせるよう、
補聴器技能者による調整を受けてから使用する事をお勧めします。

 

補聴器下取りサービス

 

上記のように日本では補聴器の中古販売は出来ませんが、お客様へのサービスとして
当店で補聴器をお買い上げ頂いた方には今までご使用の補聴器を
片耳5,000円 両耳10,000円で下取り致します。ボックス型、集音器は対象外です。
下取りさせて頂く補聴器の状態は問いませんが、20万円以上お買い上げの方が対象になります。
お気軽にお問い合わせください。
下取りさせて頂きました補聴器は聞こえの不自由な世界の恵まれない子供達に、
点検再調整を行う財団に寄付致します。

 

☆補聴器の相談、体験がご自宅で可能です☆

【補聴器専門店 イヤサポート静岡葵】
営業時間 9:00~17:30
完全予約制になります。