補聴器の周波数変換機能について

2017/08/05
ロゴ

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。今回は一般の方にはあまり知られていない、補聴器の周波数変換機能について書いていきます。

難聴の状態は一般的に高い音から聞こえにくくなる場合が多く、難聴が進んでくると、補聴器で音を大きくしても必ず聞こえやすくなるとは限りません。高い音を感じる有毛細胞などが損傷しているため、補聴器でいくら高い音を大きくしても、脳に高い音が届かないので言葉の聞き取りが改善しない場合もあります。逆に高い音を増幅することにより、聞こえの改善に悪影響を与える事もあります。

そこで、高性能な補聴器だと音の大きさを増幅するだけではなく、高い音を低い音に変換して、使用する人が聞こえる範囲に音を届けるという機能もあります。この機能を周波数変換(圧縮・移行)機能といい、各メーカーで変換の方法は違いますが、基本的には高い音を低い音に変換します。低い音を高い音に変換する事はありません。音声を圧縮して聞こえる範囲に変換したり、チャイムやブザー音、車のバックする時の警告音などを聞こえる範囲に変換することが出来ます。

スタンダードクラスには搭載されている場合は少なく、ミドルクラスやハイクラスに搭載されている場合が多いので、聞き取りが良くないと感じている方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

☆補聴器の相談、体験がご自宅で可能です☆

【補聴器専門店 イヤサポート静岡葵】
営業時間 9:00~17:30
完全予約制になります。