固定電話の声を聞きやすくする方法について

2017/08/18

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。固定電話の声は肉声と比べ、周波数帯域が狭く明瞭度が低い為、どうしても聞きにくい状態になってしまいます。そこで電話の声を聞きやすくする方法をいくつかご紹介していきます。
 

補聴器に電話専用プログラムを設定する。

 

最近の補聴器はプログラム設定で電話専用の調整にすることが出来ます。受話器をとる耳をどちらかに決めて頂き、聞き取る方は電話の音を聞きやすくする音の設定にして、反対の耳は周囲の音が入らないようにボリュームを下げた状態にする事も出来ます。
プログラムの切り替えは受話器に付けたマグネットに反応して自動的に切り替える方法や、リモコンやスイッチ等、手動で切り替える方法があります。


 

電話機のスピーカーホン機能を使用する。

 

電話機に付いているスピーカーホン機能を使用して、音声を聞いた方が聞こえやすい場合があります。各電話機によって装備されているかは異なりますので、お使いの電話機を確認して下さい。片耳で受話器で聞くよりも聞きやすい場合があります。
 

自立コム ジャンボプラスを使用する。

 

自立コムで販売されている、難聴者向けの電話機「ジャンボプラス」を使用してみて下さい。受話器の音量が一般の電話機より大きくすることが出来、音程も4段階調整出来ます。1週間無料貸し出しも出来る製品ですので詳しくはこちらをご覧ください。
 

自立コム テレアンプⅢを使用する。

 

同じく自立コムで販売されています、テレアンプⅢを使用してみて下さい。この機種の場合には、現在使用中の電話機を使用して受話器の音声を大きくする事が出来ます。ボリュームを上げていくとハウリングしやすくなるので、少し注意が必要です。こちらの機種も1週間無料貸し出し出来ます。
 

補聴器メーカーから発売されている 固定電話アダプターを使用する。

 

固定電話専用の電話アダプターは現在オーティコンから発売されている、電話アダプター2.0があります。この装置を使用することによって固定電話の音声をストリーマープロという機器を中継して補聴器に届けることが出来ます。オーティコンのストリーマープロに対応した補聴器しか使用することが出来ない為、他メーカーの補聴器は使用する事が出来ません。

 

☆補聴器の相談、体験がご自宅で可能です☆


【補聴器専門店 イヤサポート静岡葵】
営業時間 9:00~17:30
完全予約制になります。